2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

ボランティア募集情報

ボランティアセンターだより「風」8・9月号

ボランティアセンターだより「風」の8・9月号が発行されました。

福岡市内の福祉ボランティアの募集情報や、講座情報が

満載です。どうぞご活用下さい。

kaze.2013.8

 

「風」の原稿はこちらです(PDF)

※掲載されているボランティアを希望する方は個人登録が必要です。

(お問い合わせ)

○福岡市社会福祉協議会ボランティアセンター

電話 713-0777 FAX 713-0778

○城南区社会福祉協議会 電話 832-6427 FAX 832-6428

「老い」について考えました!(田島校区社協・連続介護講座)

6月10日、田島公民館において、受講生40人以上の参加のもと、田島校区社会福祉協議会と民生委員・児童員協議会が主催で「連続介護講座」をスタートしました。

この講座は全3回で、講師は宅老所よりあい代表の村瀬孝生さんです。

初日のこの日は、「老いについて考える」がテーマで、村瀬さんの体験談を交えた話と、グループでのディスカッションを通じて講座が進みました。

resize0667 resize0666

○グループワークの質問「みなさんの老いのイメージはどんなですか?」

【出た意見】

・体力が衰える。物忘れがでる。我が強くなる。判断力が落ちる。気力もなくなる。友達がいなくなる。詐欺にあう etc

【村瀬さん】

老いと言っても、①身体的、②パーソナリティ、③精神面・社会面など、様々な捉え方があり、老いにより③の精神面・社会面が狭くなることが一番つらいようです。

resize0670 resize0672

○グループワークの質問 「時間と空間が分からなくなるとどうなりますか?」

【村瀬さん】

この状態は、今が何時か分からなくなり、今なぜ、ここにいるのか分からなくなると言うこと。

認知が正常な場合は、過去からの現在までの記憶が繋がっているので、どういう理由で今ここにいるのかが分かる。認知症の方の場合は、過去の記憶と現在を結びつけられないので、今の状況を問われたら、現在の状況を事実とは関係ないことと結びつけてしまう。そのため、周りからみたら作り話をしているように思ってしまいますが、本人にとっては真実なんです。

resize0669 resize0668

参加者のみなさんは、グループでのディスカッションと、村瀬さんの分かりやすい説明と事例を通じて、時には笑い、時にはしんみりしながら「老い」の見方や感じ方を学ばれていました。

「老い」という問題は、人間が必ず迎えるものです。解決策はすぐにはでませんが、私たちも少しずつ意識を変えながら、ゆっくり付き合っていくという心構えが大切だと思いました。

今後の講座では、「看取りについて」や「地域で安心して老いるために」をテーマで、学習を深めていく予定です。そこから、認知症がある方や家族の方々、ご近所、施設や専門職など田島校区において新たな繋がりができていくといいですね。 

城南区社協では、ご近所ボランティア講座を開催します!

人と人との繋がりが希薄になっている現代社会。見守りが必要な方に声を掛けたり、話し相手になったり、ちょっとした困りごとの手伝いなど、ご近所でのボランティア活動がますます求められてきています。

シニア世代のみなさん。あなたの力を地域福祉のために活かしてみませんか。

gokinjyo.vo

チラシはこちら

1)日程・プログラム(全3回)

① 6月17日(月)13:30~15:30

② 6月24日(月)13:30~15:30

「ボランティア活動とコミュニケーション(傾聴ボランティア講座)① ②」

講師 NPO法人 日本ソーシャルコーチ協会

理事長 冨岡 郁雄 さん

③ 7月1日(月))13:30~15:30

「ご近所でのボランティア活動について」

2)対象者 城南区在住で、ボランティア活動に関心がある人   30名

(50歳以上の方を優先・先着順)

3)受講料    無 料

4)申込み 

  住所・氏名・年齢・電話番号を明記の上、電話、ハガキ、ファックス、Eメールで城南区社会福祉協議会(ボランティアセンター)へ。

5)締め切り   平成25年6月7日(金)必着

6)お問い合わせ

〒814-0103

福岡市城南区鳥飼5-2-25 城南保健所1階

電話 832-6427 FAX 832-6428

Eメール jounanku@fukuoka-shakyo.or.jp

点訳ボランティア入門講座 受講生募集!!

福岡市社会福祉協議会ボランティアセンターでは、2年ぶりに
点訳ボランティア入門講座を開催します。

多くの視覚障がい者の方が、あなたの活動に期待しています。

初心者大歓迎!

※「点訳ボランティア」とは、視覚障がい者の方々に「点字」を使って

様々な情報をお届けする活動です。

tenyaku

チラシはこちら

○日にち 平成25年5月7日~8月6日の間の火曜日で 全11回

(13:30~15:30)

○場所 福岡市市民福祉プラザ

(福岡市中央区荒戸3-3-39)

○対象 講座修了後、グループに加入し活動できる人。

○定員 30名(応募多数の場合は抽選)

○参加費 1,000円(資料代など)

○申込方法

住所・氏名・年齢・電話番号を明記し、電話・FAX・ハガキで

下記まで ※応募締切 4月20日(土)

◇福岡市社会福祉協議会ボランティアセンター

電話092-713-0777 FAX092-713-0778

傾聴ボランティア養成講座の参加者募集!

※講座受付を終了しました。
相手に安心感を与え、信頼関係を築く聴き方を学ぶ「傾聴ボランティア

養成講座」を2月7日(木)より、全5回コースで開催いたします。

講師は、コミュニケーション指導のプロであるNPO法人・日本ソーシャル

コーチ協会 理事長の冨岡郁雄さんです。

毎回、聴き方の練習を通して、相手の立場に立った傾聴の技術を学ぶ楽しく実践的な講座です

どうぞ気軽にご参加ください!(参加費無料)

image

1)日程・プログラム

2月7日(木) 10:00~12:00

聴き方の基本

2月14日(木)10:00~12:00

受け入れる聴き方

2月21日(木)10:00~12:00

総合演習

2月22日(金)~28日(木)10:00~12:00

1日選択し、高齢者福祉施設での傾聴ボランティア体験

3月1日(金)10:00~12:00

実習の振り返りとまとめ

2)対象者 城南区在住で、修了後ボランティア活動ができる人 20名

(申込み多数の場合は抽選)

3)受講料 無 料

4)申込み 住所・氏名・年齢・電話番号を明記の上、電話、ハガキ、ファックス、Eメールで城南区社会福祉協議会(ボランティアセンター)へ。

5)締め切り 1月25日(金)

6)お問い合わせ

〒814-0103

福岡市城南区鳥飼5-2-25 城南保健所1階

電話 832-6427 FAX 832-6428

Eメール jounanku@fukuoka-shakyo.or.jp

ボランティアセンターだより「風」10・11月号

ボランティアセンターだより「風」の10・11月号が発行されました。

福岡市内の福祉ボランティアの募集情報や、講座情報が

満載です。どうぞご活用下さい。

20121011094136076_0001

「風」の原稿はこちらです(PDF)

※掲載されているボランティアを希望する方は個人登録が必要です。

(お問い合わせ)

○福岡市社会福祉協議会ボランティアセンター

     電話 713-0777   FAX 713-0778

○城南区社会福祉協議会 電話 832-6427  FAX 832-6428